NEWSニュース

PRESS - 2022.05.30

2022 PRESS REVIEW

SBIアートオークションが取り上げられたテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、インターネットの情報などをご紹介いたします。


2022 PRESS REVIEW

2022/05/29   美術手帖 WEB カルチュア・コンビニエンス・クラブ   SBIアートオークションが2日間にわたり開催。最高落札額はロッカクアヤコの8300万円   詳細はこちら
2022/05         Mitsui Home deREVE Summer Issue Number 2 雑誌 三井ホーム   暮らしを豊かにする、アート作品との出合いを。 FANTASTIC ART ENCOUNTERS
2022/04/21   熱狂!1/365日のマニアさん テレビ TBSテレビ   アートを愛し過ぎて10億円使っちゃった現代アートマニアさんの365分の1日   詳細はこちら
2022/03/29   Forbes JAPAN 4月号別冊 雑誌 リンクタイズ   ART AS AN ATTITUDE アート・ドリブンな未来入門
2022/03/29   GOETHE WEB WEB 幻冬舎   現代アートのオークションに行ってみよう──鈴木芳雄 連載「アートというお買い物」Vol.1   詳細はこちら
2022/03/12   ARTnewsJAPAN WEB MAGUS   羽田圭介 連載エッセイ「色々経てアートに目覚めるかも」第3回 SBIアートオークションの会場にて   詳細はこちら
2022/03/12   美術手帖 WEB カルチュア・コンビニエンス・クラブ   約12.8億円の落札総額を記録。アートフェア東京と初めて同時開催されたSBIオークションを振り返る   詳細はこちら

VIEW MORE

PRESS - 2022.04.21

5月27日(金)・28日(土)、代官山で開催

SBIアートオークション株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:森田俊平)は、2022年5月27日(金)及び28日(土)に、代官山のヒルサイドフォーラムにおいて、「第51回 SBIアートオークション|モダン&コンテンポラリーアートセール」を開催いたします。

去る3月12日に有楽町の東京国際フォーラムで開催した企画セール「Tokyo Contemporary: Redefined」は、アートフェア東京と同時期に開催した初の試みとして約12.8億円を売り上げ、盛り上がりを見せました。

今回は、従来の開催会場である代官山のヒルサイドフォーラムにおいて、国内外のコンテンポラリーアートマーケットで人気の高いアーティストによる作品や、日本国内オークション初出品の作品を含む、彩り豊かなラインナップのオークションを開催いたします。

■実施概要:第51回SBIアートオークション|モダン&コンテンポラリーアートセール
【オークション開催日時】
2022年5月27日(金)15:00-
2022年5月28日(土)13:00-
【会場】
ヒルサイドフォーラム(〒 150-0033 東京都渋谷区猿楽町 18-8 ヒルサイドテラス F棟 1F)
【下見会】
2022年5月25日(水)11:00-19:00
2022年5月26日(木)11:00-19:00
※オークション当日は会場で実際にオークショニアがオークションを執り行います。
※会場入札以外にも、電話・書面、オンラインで入札いただけます。
また、オークションの進行状況はYouTubeから視聴できます。
詳細はウェブサイトをご確認ください。
ウェブサイト:https://www.sbiartauction.co.jp/lp/20220528/jp/

■本オークション注目作品
国内外で人気を博している草間彌生、ロッカクアヤコのキャンバス作品の他、日本国内のオークションでは初、かつオークションでは滅多に出ることのない、空山基の等身大のセクシーロボットなど、豪華なハイライト作品を筆頭に、エディション作品では、アンディ・ウォーホルやカウズ、ハビア・カジェハ、奈良美智、草間彌生などの人気作家の作品が出揃っています。
その他、KYNEや花井祐介等お馴染みのストリート系のラインナップに加え、村上隆の初期作品や、タイガー立石の立体作品といった珍しい作品、瑛九や戸谷成雄、岡崎乾二郎、小松美羽などの注目作品もございます。
ぜひご注目ください。

■出品作品ハイライト
*オンラインカタログのサイトはこちら: https://www.sbiartauction.co.jp/auction/catalogue/106



■SBIアートオークションとは



20世紀以降のコンテンポラリーアートを中心に、モダンアートや写真・デザイン・工芸など、多岐にわたりお客様のライフスタイルを彩る良品をご紹介する公開型オークションです。登録顧客の国籍は50か国以上(※)に上り、落札総額の約3割を海外顧客の落札が占めるなど、国内随一の国際性を誇ります。日本のアートマーケットを象徴する作家の作品はもちろん、国内オークションへの出品が少ない海外作家の作品も積極的に紹介し、日本のアートマーケットの成長・拡大に取り組んでいます。
(※)2022年4月現在
Instagram:https://www.instagram.com/sbiartauction/

■オークション参加について
オークションは売却額を競り上げる方式で行われます。
初めて参加くださるお客様には、事前の登録をお願いしております。
オークションで作品を購入する方法の詳細は、以下のページでご確認いただけます。
購入方法詳細:https://www.sbiartauction.co.jp/buy-sell/buy/

■SBIアートオークション株式会社
美術品のオークション、売買、売買仲介、ファイナンス、アドバイザリー等、お客様のニーズに応じて、国内外の幅広いネットワークを活用した多角的な事業を展開しています。サービスの提供を通じて、より多くの方に美術品を所有する喜びや大切さ、面白さを伝えていくと同時に、美術品を永く大切にし、次の代につないでいくお手伝いをしております。
会社名:SBIアートオークション株式会社
代表者:代表取締役 森田俊平
所在地:東京都江東区有明3-6-11 TFTビル東館7階
設立:2011年4月1日
HP: https://www.sbiartauction.co.jp/


問合せ先
SBIアートオークション株式会社 広報担当 加賀美・岡村
〒135-8071 東京都江東区有明3-6-11 TFTビル東館7F
Tel. 03-3527-6692 Fax. 03-3529-0777
Mail. artauction@sbigroup.co.jp
Web. www.sbiartauction.co.jp

(後日公開)

VIEW MORE

PRESS - 2022.02.15

オークション×アートフェア 初の同時期開催! 3月、東京・有楽町でコンテンポラリーアートオークション

SBIアートオークション株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:森⽥俊平)は、2022年3月12日(土)に、東京国際フォーラムにおいて、企画オークション「Tokyo Contemporary: Redefined」を開催いたします。弊社オークションと日本最大級の国際アートフェアである「アートフェア東京」の同時期開催は、初の試みです。
 
国内外のコンテンポラリーアートマーケットで名高いアーティストによる選りすぐりの作品を取り揃えた本企画オークションが、一人でも多くの方にとってアート作品購入の特別な機会となり、日本のアートマーケットの成長の一助となれば幸いです。
 
 
■実施概要:第49回SBIアートオークション|Tokyo Contemporary: Redefined
【オークション開催日時】2022年3月12日(土)15:00-
【会場】東京国際フォーラム ホールD5 (〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号)
【下見会】東京国際フォーラム ホールD7
2022年3月10日(木)11:00-19:00
2022年3月11日(金)11:00-19:00
※オークション当日は会場で実際にオークショニアがオークションを執り行います。
※会場入札以外にも、電話・書面、オンラインで入札いただけます。
また、オークションの進行状況はYouTubeから視聴できます。
詳細はウェブサイトをご確認ください。
ウェブサイト:https://www.sbiartauction.co.jp/lp/20220312/jp/
 
 
■関連イベント
トークショー「金融マーケットから見た日本のアートマーケット」
【開催日時】2022年3月12日(土)13:00-14:00(予定)
【会場】東京国際フォーラム ホールD5
【登壇者】北島 輝一氏(アートフェア東京マネージング・ディレクター)

登壇者プロフィール
北島 輝一(きたじま・きいち)
<アートフェア東京マネージング・ディレクター>
1974年東京都生まれ。1999年慶應義塾大学院理工学研究科計算機科学専攻修了、野村證券入社。
以後11年間、債券・金利トレーダーとして東京・ロンドンで日系・外資系証券で勤務。
2011年にアートフェア東京の企画会社の譲渡を受け、現職。
経営およびアートフェア東京のギャラリーセクションのディレクションを担当。
趣味はヨットレース・登山・マラソン。


■出品作品ハイライト 
*オンラインカタログのサイトはこちら: https://www.sbiartauction.co.jp/auction/catalogue/107




問合せ先 
SBIアートオークション株式会社 広報担当 加賀美・岡村
〒135-8071 東京都江東区有明3-6-11 TFTビル東館7F
Tel. 03-3527-6692 Fax. 03-3529-0777
Mail. artauction@sbigroup.co.jp
Web. www.sbiartauction.co.jp

VIEW MORE

PRESS - 2021.12.07

2021 PRESS REVIEW

SBIアートオークションが取り上げられたテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、インターネットの情報などをご紹介いたします。


2021 PRESS REVIEW

2021/12/07   読売新聞 新聞 読売新聞社
2021/11/21   サンデーステーション テレビ テレビ朝日   未来をここからプロジェクト 〝証明書〟証明書が世界を変える!? 新技術NFTがもたらす未来   詳細はこちら
2021/11/18   週刊東洋経済Plus WEB 東洋経済新報社   暗号資産長者のマネーが価格の急騰を演出か 落札額75億円!アート界を揺るがした「NFT」   詳細はこちら
2021/11/15   日本経済新聞 電子版 WEB 日本経済新聞社   国内初NFTアートのオークション スプツニ子!が最高額   詳細はこちら
2021/11/04   日経トレンディ 2021年12月号 No.484 雑誌 日経BP社   2022ヒット予測100   詳細はこちら
2021/11/01   當代 藝術新聞 2021.11 No.202 雑誌 華藝文化事業有限公司   僅次於奈良美智、村上隆 日本藏家看好加藤泉市場
2021/10/31   選挙ステーション2021 テレビ テレビ朝日   コロナ禍で消費が下がっている中、アートの売れゆきが好調
2021/10/22   artnet WEB Artnet Worldwide Corporation   A Cultural Theorist Curated Japan’s First-Ever NFT Auction, Featuring Work by 8 Contemporary Artists   詳細はこちら
2021/10/16   アートフルワールド 2021/10/23 BSフジ テレビ NFTは世界を変える?   詳細はこちら
2021/09/10   日本経済新聞 電子版 WEB 日本経済新聞社   沸き立つ現代アート市場 「SNS映え」が若者誘う
緩和マネーと共鳴、「成長株」探す楽しみ   詳細はこちら
2021/09/08   MEET YOUR ART WEB エイベックス・ビジネス・ディベロップメント   【アート講座】関寿尚氏インタビュー「アートオークションとは?」   詳細はこちら
2021/09/07   ELLE DÉCOR 10月号 雑誌 ハースト婦人画報社   今知りたい!ヴィンテージ家具と現代アートの世界   詳細はこちら
2021/08/12   時事ドットコム WEB 時事通信社   美術品ネット競売が人気 コロナ禍で広がり、デジタル技術も後押し   詳細はこちら
2021/08/01   ドキュメンタリー解放区 テレビ TBSテレビ   日本のアート業界の現在地   詳細はこちら
2021/05/22   アートフルワールド 2021/05/29 BSフジ テレビ アートオークション   詳細はこちら
2021/05/02   美術手帖 WEB カルチュア・コンビニエンス・クラブ   いま、本当に「アートバブル」なのか? ギャラリー、オークションハウス、アートフェア関係者に聞く国内アートマーケットの現在   詳細はこちら
2021/04/23   ワールドビジネスサテライト テレビ テレビ東京   消費の二極化が鮮明に 3,000万円で落札!アートに熱気
2021/04/22   美術手帖 WEB カルチュア・コンビニエンス・クラブ   現代美術コレクターへの道:第5回 オークションに参加してみよう   詳細はこちら
2021/03/06   NEWS PICKS WEB ニューズピックス   【驚愕】2日で8億、大金が舞う「アートオークション」の現場   詳細はこちら
2021/03/05   madameFIGARO.jp(フィガロジャポン) WEB CCCメディアハウス   シトウレイの東京見聞録:専門知識がなくてもOK? 変わりゆくアートの楽しみ方。   詳細はこちら
2021/02/15   週刊東洋経済 2021年2月20日号 雑誌 東洋経済新報社   アートとお金
2021/02/15   週刊東洋経済Plus WEB 東洋経済新報社   IT系起業家が買いまくる「アート投資」の超熱狂
値上がり見越して、マネーが大量に流れ込む   詳細はこちら
2021/02/15   日経ヴェリタス 新聞 日本経済新聞社    美術品投資ぐっと身近に スタートアップが変える   詳細はこちら  

VIEW MORE

PRESS - 2021.10.08

NFTアートオークション「NFT in the History of Contemporary Art」開催のご案内

SBIアートオークション株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:森⽥俊平)は2021年10月30日に、アートオークションでは日本初となるNFTセールを開催いたします。ゲストキュレーターに、気鋭の文化研究者の山本浩貴氏を迎え、NFT作品が実現する現代アートの未来について探ります。

NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)について、2021年3月に75億円で落札されたBeeple以降、現代アート界の反応は落札金額や大御所作家の新しい取り組みに対する報道が中心となっています。
一方NFTの導入で、映像等デジタルデータ作品の価値づけのための唯一性が担保されるようになり、 オンライン上で売買、保管するインフラが整備されつつあります。当社は現在の動向を歴史的事象と捉え、アートオークションという多様な作家が登場する舞台でスポットライトを当てるとともに、文化研究者の山本浩貴氏と共に美術史文脈での位置づけについて探ります。なお作品のNFT化は、アート作品のブロックチェーン証明書発行等で提携するスタートバーン株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:施井泰平)の協力のもと、アート流通のためのブロックチェーンインフラ「Startrail」を活用して実施し、作品の真正性や信頼性の担保および長期的な価値継承を支えます。

■実施概要:NFTオークション 「NFT in the History of Contemporary Art: a Curated Sale by Hiroki Yamamoto」
【開催⽇時】2021年10⽉30⽇(⼟)13:00〜「Modern and Contemporary Art Vol.47」内にて
【会場】ヒルサイドフォーラム (〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラスF棟1F)
【下見会】展示期間:10月27日(水)12:00-19:00 | 10月28日(木)11:00-19:00
※オークション当⽇は会場で実際にオークショニアがオークションを執り⾏います。
※ご来場以外にも、電話・書⾯による事前⼊札のほか、LIVEで動画配信を⾒ながらPCやスマートフォンの画⾯越しにオンラインでご⼊札参加いただけます。詳細は、下記特設ウェブサイトをご確認ください。

■特別コンテンツ *リンクはこちら:https://www.sbiartauction.co.jp/sp/20211030/jp/
登壇者プロフィールは当プレスリリース最下部にございます。
1. トークセッション「長谷川祐子×山本浩貴 ~アートの未来を語る~」
2. 解説「What is NFT Art ?」 byスタートバーン株式会社 CEO 施井泰平

■出品作品
*特設ウェブサイトはこちら:https://www.sbiartauction.co.jp/sp/20211030/jp/



■キュレーター・プロフィール
山本 浩貴(やまもと・ひろき)
文化研究者、アーティスト。1986年千葉県生まれ。一橋大学社会学部卒業後、ロンドン芸術大学にて修士号・博士号取得。2013~2018年、ロンドン芸術大学トランスナショナルアート研究センター博士研究員。韓国・光州のアジアカルチャーセンター研究員、香港理工大学ポストドクトラルフェロー、東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科助教を経て、2021年より金沢美術工芸大学美術工芸学部美術科芸術学専攻講師。著書に『現代美術史 欧米、日本、トランスナショナル』(中央公論新社 、2019年)、『トランスナショナルなアジアにおけるメディアと文化 発散と収束』(ラトガース大学出版、2020年)、『レイシズムを考える』(共和国、2021年)など。

■特別コンテンツ・登壇者プロフィール
長谷川 祐子(はせがわ・ゆうこ)
金沢21世紀美術館 館長/東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科 教授/キュレーター/美術批評。京都大学法学部卒業。東京藝術大学美術研究科修士課程修了。水戸芸術館学芸員、ホイットニー美術館客員キュレーター、世田谷美術館学芸員、金沢21世紀美術館学芸課長及び芸術監督、東京都現代美術館学芸課長及び参事を経て、2021年4月から金沢21世紀美術館館長。文化庁長官表彰(2020年)、フランス芸術文化勲章(2015年)、ブラジル文化勲章(2017年)受賞。主な国際展に、イスタンブール・ビエンナーレ(2001年)、上海ビエンナーレ (2002 年)、サン・パウロ・ビエンナーレ (2010 年)、シャルジャ・ビエンナーレ(2013年)、モスクワ・ビエンナーレ(2017年)、タイランド・ビエンナーレ(2021年)など。

施井 泰平(しい・たいへい)
1977年生まれ。少年期をアメリカで過ごす。東京大学大学院学際情報学府修了。2001年に多摩美術大学絵画科油画専攻卒業後、美術家として「インターネットの時代のアート」をテーマに制作、現在もギャラリーや美術館で展示を重ねる。2006年よりスタートバーンを構想、その後日米で特許を取得。大学院在学中に起業し現在に至る。2021年に株式会社アートビート代表取締役就任。講演やトークイベントにも多数登壇。


お問い合わせ先
SBIアートオークション株式会社 広報担当 加賀美
〒135-8071 東京都江東区有明3-6-11 TFTビル東館7F
Tel.03-3527-6692   Fax.03-3529-0777   Mail.artauction@sbigroup.co.jp
www.sbiartauction.co.jp

VIEW MORE

PRESS - 2019.04.10

国内初!オークションで落札された美術品に ブロックチェーン証明書を発行 〜スタートバーンとSBIアートオークションが事業提携〜

SBIアートオークションでは、スタートバーン株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:施井泰平、以下「スタートバーン」)と美術品オークション市場の活性化を目指し、ブロックチェーン技術を応用したアート作品に関する所有権の証明などの共同プロジェクトを2019年4月のセールより順次開始致します。


■共同プロジェクトの概要
スタートバーンが運営するブロックチェーン証明書発行サービス「 startbahn.org」内にSBIアートオークション主催のセール「 Modern and Contemporary Art」と連動したコンテンツを展開し、落札者のうち希望される方にブロックチェーンの証明書を付与します。


■利用のメリット
・オークションでご落札いただいた作品情報が自動で引き継がれるため、作品情報の管理に役立ちます。
・ブロックチェーン上に記録されるデータは、第三者が改ざんすることが困難なため、信頼度の高い証明書となります。
・従来型の紙の証明書と違って紛失や複製の心配がありません。
・アートブロックチェーンネットワークに参加する国内外の別の機関が発行した証明書とも互換性があります

証明書発行方法 [1] 証明書発行をご希望のお客様は、落札後弊社からお送りする落札作品配送指示書、またメールにて証明書発行をご依頼ください。 [2] SBIアートオークションで証明書発行を代行いたします。
証明書発行時、お客様の個人情報はお渡しいたしませんので、ご安心ください。
※発行には1~2週間程度かかります。当面発行にかかる手数料は無料です。 [3] SBIアートオークションより、お客様に仮のID、パスワードを発行いたします。 [4] お客様の方で仮のID、パスワードを利用し、スタートバーンへ本登録をお願いいたします。
登録後、ウェブサイト上で証明書が確認できます。
オークション当日、4月26日(金)16時からはスタートバーン代表取締役・施井泰平と最高執行責任者の大野紗和子によるトークイベント「スタートバーンによるブロックチェーン証明書発行について」を開催し、ブロックチェーンの仕組みと、美術作品の証明書を扱うアートブロックチェーンネットワークについて、また、ブロックチェーン証明書によってコレクターの皆様が得られるメリットについてお話しする予定です。ブロックチェーンが開拓する未来のアート流通にご興味ある方は、ぜひともご参加ください。 また、今後スタートバーンとSBIアートオークションは、ブロックチェーン技術を応用したアートに関するビジネス領域において協業態勢を構築し、万国共通の貴重な資産として広く認知されている希少性の高い良質な美術品を次世代につなぐ多くの取り組みを共同で展開してまいります。

■トークイベント「スタートバーンによるブロックチェーン証明書発行について」 開催概要
日時:4月26日(金) 16:00開演/17:00終了
登壇者: スタートバーン代表取締役・施井泰平氏、最高執行責任者・大野紗和子氏
会場:ヒルサイドフォーラム ※オークション下見会場での開催となります。
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町18-8
ヒルサイドテラスF棟1F 
※入場無料、事前申し込みは不要です。 ぜひご参加くださいませ。


■SBIアートオークション「Modern and Contemporary Art」開催概要
2019年4月26日(金)17:00- Lot001~165
2019年4月27日(土)13:00- Lot166~524
下見会: 2019年4月24日(水)-26日(金)
 会場:代官山ヒルサイドフォーラム
 〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町18-8ヒルサイドテラスF棟1F


■スタートバーン株式会社の概要
スタートバーンは世界中のアーティストそしてアートに関わる全ての人が必要とする技術を提供し、より豊かな社会の実現を目指す会社です。パブリックチェーン上へのアートブロックチェーンネットワーク構想・構築のほか、オンラインサービスstartbahn.org、法人・団体とのブロックチェーン共同事業などを展開しています。
 会社名:スタートバーン株式会社 代表者:代表取締役 施井泰平
 所在地:東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟アントレプレナーラボ255
 設 立:2014年3月26日

■SBIアートオークション株式会社の概要
2012年の創設以来、「アートに囲まれた生活」は人生の質を高めてくれるとの考えの下、「アートで人生を豊かに」をテーマに、戦後~現代美術を中心とした公開型のオークションを年4回開催し、美術品を軸に紹介する一方で、近年ではストリートカルチャー、デザイン、音楽、ファッションなど幅広いアートのジャンルで、新しいライフスタイルや価値観を提案し続けています。2019年現在、国内オークションでの現代美術の取扱高はトップクラスであるほか、オークションへの参加者の国籍は59か国に上り、落札総額の約半数を海外顧客の落札が占めるなど、美術品のグローバルマーケットの中で、日本の現代美術の評価の場としてプレゼンスを高めています。
 会社名:SBIアートオークション株式会社
 代表者:代表取締役 森田俊平 所在地:東京都江東区有明3-6-11 TFTビル東館7階 設 立:2011年4月1日

■本リリースに関するお問い合わせ先
スタートバーン株式会社
 担当:浪江(なみえ)、波多野(はたの)

SBIアートオークション株式会社
 担当:加賀美(かがみ)、塚田(つかだ)
 メールアドレス: artauction@sbigroup.co.jp

VIEW MORE
HOME ニュース